どれくらいの視力の人が受けている?

レーシック手術はかなり視力が悪くても、そんなに悪くなくても受けることは可能です。
視力によって受けるべきかどうか決まるのではなく、あくまでも手術を決めるのは患者本人の意思ということになります。

一般的に、レーシック手術はかなり視力の悪い人が受けるイメージがありますが、視力0.5くらいでも受ける人がいます。
レーシックは、手術を受ければそれで終わりではありません。
術後しばらくは視力が不安定なこともありますし、人によっては多少の精神的ケアが必要だったりします。
術後の検診やアフターケア体制がしっかりしたクリニックのほうが安心できることはいうまでもありません。
クリニックを選ぶときはひとつのクリニックのサイトだけを見ないで他のサイトと比べたり、口コミ情報を参考にすることも大切です。

クリニックは症例数で選ぶ

レーシックも手術である以上、施術数が多い医師ほど信頼性が高くなりますので、過去の症例数が多いことが、いいクリニック選びの重要なポイントとなります。
体験談や口コミ同様、クリニックの症例数もネットで検索できますので、事前に調べておくといいでしょう。
ただ、件数が多ければ絶対大丈夫かというとそこは何ともいえません。
症例数が少ないクリニックでも誠実で丁寧な医師がいれば安心です。
症例数だけでなく、実際にクリニックを訪ねて説明を聞いたときの印象で総合的に決めるのがいいでしょう。
レーシックの執刀医は必ずしも眼科専門医とは限りません。やはり目の手術ですから、眼科専門医のいるクリニックを選びたいものです。
眼科専門医とは正式な機関で眼科の教育を受けて認定試験に合格した医師のことです。
執刀医が日本眼科学会認定専門医であれば安心です。

クリニック選びで考えたいこと

レーシック手術のクリニック選びは費用が安いだけで決めることはできません。
目というデリケートな場所だけに、手術の前に気になることがいっぱいあります。
格安のクリニックもありますが、果たしてアフターケアにいくらかかるのか。
そこまで考えたら、多少高くてもアフターケア込みの料金のほうが結局安かったということになりかねません。
手術を受ける際に費用も欠かせない条件ですが、その金額でどこまでやってもらえるのかをきちんと確かめることが重要です。
不安や疑問に思ったことはどんどん聞くべきですし、ここで説明に困ったり嫌な顔をするようなクリニックなら信用できないということです。
もちろん、クリニック側の説明ばかり聞いていてはだめです。ネットで検索してそこで手術した人の体験談や口コミ情報なども参考にしましょう。

安心して手術を受けるために

視力が悪いと何かと不便なものです。眼鏡やコンタクトに頼らなくていいならどんなにいいか。
だけど、レーシックで失敗するのも怖い・・・
そう考える人はたくさんいるようです。
それでも、裸眼で普通に見えることは捨てがたい魅力があります。
レーシックの失敗例もいわれていますが、その多くはクリニック選びで決まってしまうといってもいいでしょう。
選ぶときに一番重要なのは、手術後のカウンセリングをきちんとやってくれるかどうかです。
手術前の説明のときに、そのことをしっかり確認しましょう。
どんな体制でカウンセリングしてくれるのかを聞いて、あなたが納得いくクリニックで手術を受けることです。
その際、「私は不安なんだ」とはっきり言いましょう。あなたの不安に的確な答えを返してくれるクリニックがいいクリニックなのです。

レーシックの費用はどれくらい?

レーシック手術の費用はクリニックによって多少のばらつきがあります。
その主な原因は、最新の機械を使った手術かどうかによります。
余裕があるなら高い費用を払うほうが安心なのはいうまでもありませんが、安くても安全性に問題はありません。
ただ、最新の手術のほうがレーザー照射が正確で照射時間が短いため目の負担が軽くてすみますから術後の回復も早いという利点があります。
費用はだいたい30万円前後が多いのですが、中には10万円以下のクリニックもあります。
安いから悪いというわけではありませんし、高ければいいとも言いきれませんが、余裕があるなら安心料と思って高いクリニックで受けるのもいいかもしれません。
とはいえ、手術は医師がやるものです。医師の技量は金額で表すことはできません。

レーシックってどんな手術?

レーシック手術とは、目の角膜にフラップというふた状のものをかぶせてからそれをめくり、レーザーで角膜実質層という角膜の表面を蒸散する手術です。
こうすることにより、角膜の屈折率を正常に戻して視力を回復させます。
このように書くと大変そうだし、場所が目だけに不安になりますが、そんな心配はいりません。
時間も短時間で終わりますし、手術自体も安全なものです。
レーシック手術は昔に比べて簡単に安くできるようになりました。
技術も日々進歩しており、安全性も各段に向上しています。
しかし、それでも目の手術はやっぱり怖い・・・
そう思う方は多いようです。
あなたの不安を払拭するためには、ネットで体験談や口コミ情報を読むといいでしょう。
レーシック手術によって、多くの方々が視力を回復して快適な日常生活を送っています。

レーシック手術に年齢制限はあるのか

視力が悪い人が眼鏡をかけなくてすめばどんなにいいだろう。これは多くの人が思っていることです。勉強でもスポーツでも仕事でも、大きく影響してくることですから。
視力を回復するならできるだけ早いほうがいい。そう思うっている人もたくさんいるでしょう。
しかし、レーシック手術には年齢制限があります。大部分のクリニックが18歳から65歳までと規定しています。

これは厳密なものではありませんから、クリニックによって多少年齢が前後することもあります。

20歳未満の方や60歳過ぎた方の場合は事前に調べておいたほうがいいでしょう。
子供がレーシック手術を受けられないのは、まだ目が成長段階にあるからです。
成長途中で手術をしても、また悪化する可能性があるのです。

視力は20代で安定しますが、中には30歳を過ぎても安定しない人もいるので、個別に適合検査が必要なのです。

手術の方法と費用

レーシック手術は年々技術進歩していますから、手術の方法や費用も変わっています。
レーシック手術を受けた人に情報を聞いたりすることもいいのですが、その人が手術したときと今とでは費用も方法も同じではない可能性がありますから注意しましょう。
ネットなどでレーシックの情報を入手することは簡単にできますので、常に最新情報をもとに手術を受けるかどうかを判断してください。
選ぶときのポイントをまとめてみましょう。
1.手術後のアフターケア
2.費用の説明
3.手術方法の説明
この中で特に重要なのはアフターケアの説明です。
金額と手術方法についてはどのクリニックもしっかり説明しますが、手術後のケアをきちんとしてもらうためには、アフターケアの説明に時間をかけてくれるクリニックを選ぶほうが安心です。
そのクリニックはアフターケアの重要性をわかっているからです。

クリニック選びのポイント

レーシック手術を受けるなら、まずどのクリニックがいいか選ぶところから始まります。
手術の不安を解消するためにも、手術についての説明と適合検査を受けたほうがいいのですが、この説明と適合検査が丁寧なクリニックなら安心して手術もまかせることができるでしょう。
説明と適合検査を受けるには予約が必要です。人気のあるクリニックは予約してもかなり待たされる場合があります。

レーシック 有名 関西
それだけ定評がある証拠ですが、すぐに予約が取れるクリニックでも安全面で問題があるわけではありませんから、あなたのお仕事などの都合で決めるといいでしょう。
クリニックを選ぶ際のポイントは、そこで手術を受けた人の体験談や口コミ情報も参考にすることです。これはネットで探せば簡単に見つけることができます。

老眼の人のレーシック手術

レーシック手術にはいろんな種類がありますが、その中で老眼の人向けの手術がありますのでご紹介しましょう。
老眼だとレーシック手術はできないと思っている人がいるようですが、そんなことはありません。
老眼のレーシック手術で有名な品川近視クリニック大阪院では、老眼のレーシック症例数が1万件を突破しています。
症例数の多さだけでなく、術後のケアも充実していることから、口コミで評判が広がってここで手術を受けた芸能人も多数います。
40歳からのレーシックをレーシックカムラと呼びますが、ここでは約30万円からこの手術を受けることができます。
この値段で老眼が治るなら安いと考えるか高いと思うかはその人しだいですね。
ただし、レーシックカムラは手術前に適合検査がありますので、誰でも受けられるわけではありません。