どれくらいの視力の人が受けている?

レーシック手術はかなり視力が悪くても、そんなに悪くなくても受けることは可能です。
視力によって受けるべきかどうか決まるのではなく、あくまでも手術を決めるのは患者本人の意思ということになります。

一般的に、レーシック手術はかなり視力の悪い人が受けるイメージがありますが、視力0.5くらいでも受ける人がいます。
レーシックは、手術を受ければそれで終わりではありません。
術後しばらくは視力が不安定なこともありますし、人によっては多少の精神的ケアが必要だったりします。
術後の検診やアフターケア体制がしっかりしたクリニックのほうが安心できることはいうまでもありません。
クリニックを選ぶときはひとつのクリニックのサイトだけを見ないで他のサイトと比べたり、口コミ情報を参考にすることも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>